世田谷少年少女サッカー応援団z No.8
“成長した子供達”

2013年も早いもので、残り僅か1ヶ月を切りました。
みなさん「大人のときよりも子供のときの方が時間が長く感じる」と思いませんか?
 
昔、子供だったころ1年はとても長かったように思います。
大人になるにつれ、いつの間にか1年はあっと言う間に過ぎるように感じるようになってしまいました。でも実際の1年という時間はいっしょなのにどうして子どもの頃と大人になってからとでは、こんなに感覚が違うのでしょうか?
 
感受性が豊かな子供の頃の経験は新鮮な驚きに満ちているため経験の内容が豊富で長く感じられ、心に深く刻まれ、大人になるにつれ新しい感動が少なく単調になり、時間に縛られるようになり、早く時が過ぎるように感じるからでしょうか?
 
ならば子供達には沢山の物事にチャレンジし、より多くの経験と感動を心に刻んで欲しいです。
 

さて前置きが長くなりましたが、
今回COPAマガジンが注目したのは、世田谷区主催、世田谷少年サッカー連盟主管の区民体育大会の4年生大会のすぎのこ大会あすなろ大会。
 
今年の春に行われた「ハトマーク・フェアプレーカップ」世田谷ブロック大会と春期学年別大会に続いての3回目となる4年生大会。
 
世田谷少年サッカー連盟の独自の取り組みとして、3,4年生学年別は、レベルの近いチームが競い合い、お互いのチカラを伸ばす事を目的とし、すぎのこ大会あすなろ大会2つのカテゴリーが用意されていて、実力のあるチームはすぎのこ大会にエントリーし、勝敗よりも、試合を楽しむことを目的としたチームはあすなろ大会にエントリーする。
 


すぎのこ大会は春の「ハトマーク・フェアプレーカップ」世田谷ブロック大会と春期学年別大会でも優勝したバディサッカークラブAが優勝。1年間世田谷では負け知らずで見事3冠。(準優勝•MIP FC,第三位•FCトッカーノ,第4位•桜町スポーツクラブA)
 
あすなろ大会はALTE麻生学園深沢SSが見事、烏山サッカークラブとのPK戦を制し優勝(第三位•ALTEえいあんじSS、第四位•中里少年サッカークラブ
 

COPAマガジンでは春の大会で度々4年生の大会を取材してきましたが、子供達の成長に驚きました。この半年で子供達のカラダも大きくなり、多くの子供達は自信に満ちあふれた表情でサッカーを楽しんでいました。
 
「すぎのこ大会」「あすなろ大会」ともに沢山努力し真っ直ぐに成長して欲しいと願いが込められた大会名、子供達の更なる成長はつづく。

 

この大会のこども達の真剣な表情はギャラリーで!

WEB COPA magazineはあなたのチームの試合にお伺いします!
WEB COPA magazineは地域の大会を応援します!

 

◀◀No.7

 

コメントを残す

 

 

 

これらのHTMLタグが利用可能です

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>