第十三回

体の燃費を良くしよう!!
 
ジュニア年代は、ボールテクニックの高い選手が数多く見受けられます。
しかし、体が上手く動いていればもっと良いプレーが出来るのにもったいないなと感じる場面も多々あります。
 
間違った姿勢・体の使い方で一生懸命動いていると、
練習・試合の中で疲れてミスが多くなったり、ケガの原因にもなります。
 
根本的な姿勢や身体の使い方が原因で思うように動けないのに、とりあえず頑張ってもっと動く。その結果、ミスやケガが生まれる。
 
車で例えるとしたら、
燃費の悪い車で走るよりも、燃費の良い車で走った方がスムーズに動いて、燃料に無駄がなく、長い距離走れます。
 
体も同じです。それどころか無理な動きや無駄な動きが減ることでケガの予防やパフォーマンスの向上にもつながります。
 

それでは、体の燃費を良くするトレーニングを考えてみましょう。
ここで言うトレーニングは筋トレなど負荷の強いトレーニングではありません。
本来の体の機能を正しく働かせることです。
 
姿勢・機能的動作の土台が大きければ、技術的に出来ることが今よりももっと多くなります。自分のイメージ通りに身体が動けば効率的に技術の習得が可能です。
無理な動きが減れば、ケガの予防につながります。
無駄な動きが減れば、パフォーマンスの向上につながります。
 

ジュニア年代において将来の可能性を広げるためにも、パフォーマンスピラミッドの土台を大きくすることは大切です。
 
 
JFC FUTUROでも今年から積極的に取り組んでいます。
燃費の良い体作りを少しずつ取り入れてみるのはどうでしょうか。


 

◀◀第十二回 第十四回につづく….

 

コメントを残す

 

 

 

これらのHTMLタグが利用可能です

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>