第44回 「強い場所」

 

駿足で強靭な肉体の持ち主アキレウスの唯一の弱点は踵、そこを矢で射られたことで命を落としてしまいました。
人のカラダで一番強く大きく、そして致命的な弱点ともなる腱
 
『アキレス腱』
 
我が家の息子は、器械体操に打ち込んでいます。毎日の練習の中で、瞬間的に跳んだり跳ねたり、最後の着地の時の負荷はアキレス腱や膝には相当のものだと思います。少し前から、走ったり、跳ねたりという時に痛みは無いけれど押されたりすると痛いという事で、治療院に行って診てもらい【アキレス腱周囲炎】※という診断を受けました。
 

これは、オーバーユースやサイズの合わない靴を履くことでもなる浮き指や、足の指で踏ん張る力が弱くなってきていることで、足裏の重心バランスが悪くなるなどで、症状が出ることが多いようです。治療院では、アキレス腱が痛いと治療に来る子どもたちが増えてきていると言っていました。
 

この痛い症状がある中で、練習を続けていたらどうなってしまうか、想像はつきますよね?!カラダの中で一番強くて大きなアキレス腱も、ケアを怠れば選手としての致命的なケガへと繋がってしまいます。
 
ケガをしてしまった時、症状が出てしまった時は、まずその治療に専念することが先決です。そして、また同じことにならない為にも、新たなケガをしない為にも予防が必要になってくると思います。
練習前の柔軟運動や練習後のストレッチを十分行う外からのケアはもちろん、カラダの材料となる食材を取り入れる事。カラダの筋肉や腱の材料となるのは、良質のたんぱく質とビタミンC、B6です。食べ合わせることにより、相互作用でより吸収が高かまり強化することができます。このように食事による内からのケアも必要ですよね。
 
バランスの良い食事を日ごろから心がけ、自分の弱点となる場所を強くしケガへのリスクを減らせるカラダづくりを心がけることで、さらに強い選手へ躍進できるのだと思います。
 

※アキレス腱はパラテノンという薄い膜でおおわれていますが、この部分に炎症を生じた場合をアキレス腱周囲炎といいます。
*参考書籍:「10代スポーツ選手の栄養と食事」 川端理香監修 大泉書籍*

 

 

 

第45回につづく…
◀◀第43回

※アスリートフードマイスター受講者募集!!

アスリートフードマイスターのできること
☆目的別•年齢別•タイミング別に食事を設計することができる。
☆従来の難しい食事指導をわかりやすく伝えることができる。
☆栄養性や安全性に十分配慮した素材をえらぶことできる。
食事面からアスリートをサポートする、それがアスリートフードマイスターです。


※COPA Magazine 限定割引特典!!

アスリートフードマイスター養成講座 ジュニア・アスリートフードマイスターコース1,500円割引
受講料68,000円→66,500円
クーポン番号 CO108031 をお申し込みの際入力(お伝え)ください。
詳しくはhttp://copamag.com/contents/news/event/4701/
 

※アスリートフードマイスター講師派遣!!

当方資格者の講師派遣を行っております。
『サッカー少年のための食事セミナー』『アスリートフード教室』など、
ご希望内容に合わせてアレンジいたします。費用•セミナー内容などお気軽にご相談ください。
 
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
お問い合わせ
株式会社アスリートフードマイスター
アスリートフードマイスター養成講座事務局
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-9-5 渋谷スクエアA 12F
TEL:03-3780-8650 (10:00〜18:00 土・日・祝休)FAX:03-5489-2831
http://athlete-food.jp/
MAIL:info@athlete-food.jp
◆公式Facebookも更新中!
https://www.facebook.com/athletefoodmeister

 
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


 

コメントを残す

 

 

 

これらのHTMLタグが利用可能です

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>