第45回 成長期に気をつけたい貧血

 

■スポーツ選手の貧血
 
スポーツ選手に多い貧血のタイプは下記の3タイプになります。
 
①鉄欠乏製貧血
スポーツ選手に多く見られることの多い貧血で、体内の鉄不足により起こります。
鉄不足は、鉄の摂取不足や大量の発汗による喪失、体内の各組織や成分の構成による消費によっておこります。
 
②溶血性貧血
赤血球が破壊されることによって起きる貧血です。
スポーツが原因の場合は運動によって足の裏にかかる衝撃によって赤血球が壊れることによりおきます。
運動の種類としては、長時間走り続けるマラソンやジャンプ動作を何回も繰り返すバレーボール、強い踏込み動作をする剣道、相手との接触のあるコンタクト系に多く見られます。
 
③希釈製貧血
血漿量(血液中の水分量)が増加することによっておきる、見かけ上の貧血になります。
 
 
■ジュニア選手の貧血
 
貧血と聞くと女性特有のものと思う人は多いかと思います。
確かに女性に貧血の人は多いようですが、成長期の時期には男性も貧血になりやすく気をつける必要があります。
 
多く見られる鉄欠乏製貧血ですが、成長期には身長も急激に伸び、筋肉量が増え体も大きくなり血液量も増え、鉄の必要量も増えることから鉄不足に陥りやすくなります。
鉄は、体内量の約70% が血液中に、4% が筋肉に、残りが肝臓や脾臓などに貯蔵鉄として体内に存在しています。
運動をしていたら鉄の必要量も増えますので、十分に食事面で鉄を摂取していなければ鉄不足になり、鉄欠乏性貧血になりやすくなります。
 
身長に関していえば、年間で8cm以上、2ヶ月で1~2cm伸びたときは気をつける必要があります。
 
また、指導現場では貧血に対して詳しい指導者が少なく、対応が遅れたり見過ごされているのが現実のようです。
 
貧血によって出る症状としては、「パフォーマンスが落ちた」「サボっているように見える」「昨日できたことができない」「疲労感がある」「いつものプレーができなくなる」「息があがってしまう」などがあり、「気合が足りていない」「気持ちが入っていない」と見られてしまいがちです。
 
これらの症状は、運動量が多いためか貧血によるものかを見分けるのは非常に難しいですが、貧血は疲れやすく集中力を低下させるのでケガを誘発する可能性があるため指導者は運動量をコントロールしてあげる必要があります。
 
貧血に気づかずに、ジュニア選手の将来の芽を摘むことのないようにしたいですね。
 
 
■食事でとりたい栄養素
 
酸素を運ぶのは赤血球(ヘモグロビン)の役目ですが、赤血球(ヘモグロビン)の材料は鉄だけではなく、ビタミンA・ビタミンE・タンパク質・ビタミンB12・葉酸・ビタミンB6・ビタミンCなどの栄養素も必要になります。
バランスの良い食事を摂っていれば、鉄に比べて不足することはないかと思います。
 
鉄に関しては、日本人が不足している栄養素にあたり意識して摂ってもらいたいと思います。
 
鉄を含んだ食材は、
肉類・・・レバー、牛肉の赤身
魚介類・・・かつお、マグロ、あさり
野菜・・・大根の葉、切干し大根、小松菜、サラダ菜、枝豆
藻類・・・ひじき、わかめ、こんぶ
豆類・・・大豆、枝豆、小豆
などになります。
 
若い世代の人たちには、ひじきや切干し大根は敬遠されがちな食材だと思いますが、貧血予防のためにも食べてもらいたい食材です。
ただ、ひじきや切干し大根の鉄は非ヘム鉄になりますが、吸収率が低いのが欠点になります。
しかし、ビタミンCが鉄の吸収率をアップさせてくれるので、ビタミンCを一緒に摂ってもらいたいと思います。
 
 

※参考資料
コーチング・クリニック 2012年10月号 2014年12月号
 
 

 

 

 

第38回につづく…
◀◀第44回

※アスリートフードマイスター受講者募集!!

アスリートフードマイスターのできること
☆目的別•年齢別•タイミング別に食事を設計することができる。
☆従来の難しい食事指導をわかりやすく伝えることができる。
☆栄養性や安全性に十分配慮した素材をえらぶことできる。
食事面からアスリートをサポートする、それがアスリートフードマイスターです。


※COPA Magazine 限定割引特典!!

アスリートフードマイスター養成講座 ジュニア・アスリートフードマイスターコース1,500円割引
受講料68,000円→66,500円
クーポン番号 CO108031 をお申し込みの際入力(お伝え)ください。
詳しくはhttp://copamag.com/contents/news/event/4701/
 

※アスリートフードマイスター講師派遣!!

当方資格者の講師派遣を行っております。
『サッカー少年のための食事セミナー』『アスリートフード教室』など、
ご希望内容に合わせてアレンジいたします。費用•セミナー内容などお気軽にご相談ください。
 
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
お問い合わせ
株式会社アスリートフードマイスター
アスリートフードマイスター養成講座事務局
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-9-5 渋谷スクエアA 12F
TEL:03-3780-8650 (10:00〜18:00 土・日・祝休)FAX:03-5489-2831
http://athlete-food.jp/
MAIL:info@athlete-food.jp
 
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


 

コメントを残す

 

 

 

これらのHTMLタグが利用可能です

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>