浦和レッドダイヤモンズ 柏木陽介選手 スペシャルインタビュー

相手の裏を突いたスルーパスやループシュート。柏木陽介選手のプレーはいつだって僕らをワクワクさせてくれる。今回の「ぼくらのサッカー」は、この春に小学校6年生になった4人の子ども記者が柏木選手にインタビュー。幼少時代の思い出からプロになってからのことなど、自身のサッカーに対する思いについて広く語ってもらった。

 

海斗くん サッカーに興味を持ったのはいつごろからですか?

柏木選手 5歳ぐらいのときやったかな。子どものころ俺は団地に住んでいたんやけど、2つ年上の兄が毎日のように同じ団地に住んでいる友達とサッカーをしとったんや。そこに俺も混ぜてもらって。知らず知らずのうちに、好きになっとた気がするな。

拓海くん 小さいころからプロになりたいと思っていたんですか?

柏木選手 いや、小さいころはまさかプロになれるとは思っていなかったよ。ちょうど俺が小学校1年生のときにJリーグが開幕して、漠然と「プロサッカー選手」というものに対する憧れはあったけど、そんな簡単になれるものだとは思っていなかったからね。でも、高校からサンフレッチェ広島のユースチームに入団して、いろんな大会で結果を残せるようになってから、少しずつ自信が付いてきて。「もしかしたらプロになれるかも」って思えるようになったんや。

拓海くん じゃあ、プロになるために一番大切なことは何だと思いましたか?

柏木選手 サッカーを楽しむこやと思うな。もちろんプロとして技術は必要だよ。でももっと大切なことは、どんなときでもサッカーを楽しめる自分でいることだよ。好きなことって、一生懸命になれるやん。みんなもそうやない? 俺もみんなと同じぐらいの年のころ、無我夢中になってボールを追っかとったよ。

佳奈ちゃん 柏木選手は小学生のとき、どのぐらい練習していたんですか?

柏木選手 そうやね。平均すると毎日3時間ぐらいは蹴っとった気がする。当時所属していたチームの練習がない日でも、友達と練習したり個人練習をしたよ。校庭のバスケットゴール目がけてボールを蹴ったり、空き缶をねらってシュート練習をしたり。とにかく自分なりにいろいろ工夫したな。あとはリフティングね。これはみんなもやっているでしょ?

みんな (声をそろえて)はい!!

柏木選手 ちなみに、怜くんは何回ぐらいできるの?

怜くん これまでの最高記録は2000回です。

柏木選手 にせんっ!? そりゃあ、スゴいな。数えるのも大変そうやなぁ(笑)。小学生のときの俺の最高記録は1200ぐらいやったかな。1000回以上できるようになってからは、もう少しパスやシュートの技術を高めたいと思ったんや。だから壁に向かって思いきってボールを当てて、跳ね返ってきたところをトラップして、次にきれいにパスを出す……というような練習をしとったな。みんなも自分なりに練習メニューを工夫して考えてみてよ。大切なのは「自分から」というところ。監督やコーチから言われたことだけをやるのではなく、積極的に取り組むことで、もっと上達することができるよ。

 
うまくいくときもあれば、
うまくいかないときもある

怜くん サッカーをやっていて一番楽しいと思うときはどんなときですか?

柏木選手 「それはやっぱりゴールを決めたとき」と言うと思ったかもしれんけど、俺が一番楽しいと思えるのは自分の中で納得のいくプレーができたときなんや。具体的には相手の裏を突いた決定的なスルーパスを出せたときかな。

怜くん 僕も柏木選手と同じようにトップ下をやっているので、スルーパスを出せたときはうれしいです。

拓海くん 逆に苦しいときもありますか?

 

柏木選手 もちろん。ゴール前の決定的なシーンで外してしまったり、PKを外してしまったりすると、自信をなくしてしまうこともあるよね。でもね、俺はあまり引きずらへんように心がけとるんや。だってスポーツやから。うまくいくときもあれば、うまくいかないときもある。大切なのはくよくよせんこと。あまり悩みすぎると、次のプレーに影響してしまうからね。とにかく思いきってプレーして、ダメやったら泣いて悔しさごと出し切ってほしいな。それで帰るときは笑顔が戻っているくらいでいてほしいよ。

 
とにかく
思いきってプレーしてほしい

佳奈ちゃん ミッドフィールダーでプレーをする中で大切にしていることはありますか?

柏木選手 ボールを持ったときの相手との距離感を大切にしているよ。自分から何メートル先に相手のディフェンダーがいて、何メートル先に味方がいるのか。その距離感によってパスを選択するか、ドリブルでまわりの様子をうかがうかを決めるんや。ちょっと難しい話をしてしまったけど、みんなぐらいの年のときは思いきって自分のやりたいようにプレーしてほしい。何でもええから自分の得意なもの、のばしたいと思える技を磨いてほしい。メッシもクリスティアーノ・ロナウドも、小さいころはドリブルばっかり練習しとったというし。小学生のときは練習すれば練習しただけ成長できるよ。

海斗くん 柏木選手はミッドフィールダー以外でプレーしたいポジションはあるんですか?

柏木選手 うーん、フォワードかな。基本的には攻撃が好きやから。でも、ボランチもええな。今やっとるトップ下よりも後ろにいけば、もっとパスを出しやすくなるかもしれへんし……。みんなもいつものポジションではないところをやってみたいとき、あるでしょ? 海斗くんはどう?

海斗くん 普段はサイドハーフなんですけど、サイドバックやってみたいです。

柏木選手 ディフェンダー!? なんで? 守りたいの!?

海斗くん いや、なんか、攻めた後に全力で守備に帰ってくる感じがカッコいいなと思って。

柏木選手 すごい。俺なんて、ディフェンダーやりたいとあまり思ったことないけどなぁ。エライ大変そうやし(笑)。みんなも機会があったら、いつもと違うポジションをやらせてもらうのも勉強になると思うよ。

 
憧れや目標を
常に持っていてほしい

怜くん 聞きたかったんですけど、ライバルだと思っている選手はいますか?

柏木選手 ライバルか……。プロになったらみんなライバルやからなぁ、うーん。強いて挙げるとしたら、やっぱり槙野(※)かな。高校時代から一緒にサンフレッチェのユースでプレーしたけど、高校も同じでクラスまで一緒やったから(笑)。代表には僕が先に選ばれたけど、定着したのはアイツの方が先やった。今思うと、常に競争していたような気がするな。そういう意味ではライバルの存在は大きい。みんなには俺にとっての槙野のようなライバルがまだおらへんかもしれんけど、そのうち現れると思うから、そのときはミスを恐れず思いきってプレーして全力で競争してほしいな。きっと気がついたときには、一緒に大きな成長ができると思うよ。

佳奈ちゃん 私ももう一つ聞きたいことがあって。憧れの選手はいますか?

柏木選手 うん。いるよ。みんなと同じぐらいのときはカズ(三浦 知良)さんに憧れとったな。あのドリブルとか、止められへん。プロになってからはジダンかな。パスのセンスもそうだし、トラップもシュートもすべてが世界トップクラス。残念ながらもう引退してしまったけど、俺の中ではずっと憧れの選手やね。ちなみに佳奈ちゃんは?

佳奈ちゃん 川澄選手!

柏木選手 なるほど。かわいいからか! うそうそ、冗談(笑)。佳奈ちゃんはぜひとも浦和レッズレディースに入って、なでしこジャパンを目指してよ。

佳奈ちゃん はいっ! レッズに入ってINAC(INAC神戸 レオネッサ)と勝負したいです!

柏木選手 ええね。やっぱり目標を持って前向きにチャレンジしていってほしいね。

 
大切な人への感謝を
忘れてはいけない
 

柏木選手 今、佳奈ちゃんが話してくれたように、憧れや目標を持つことはとっても大切だよ。俺にも目標がある。いつかスペインでプレーしたいと思っているよ。世界的に有名な選手たちの中でプレーすれば、もっと成長できるんじゃないかと思えるからね。あともう一つ、目標を持つことと同じくらい大切なことがあるんや。それはね、いつもみんなを支えてくれているお母さんやお父さんに感謝をすることや。ご両親はみんなのためにいつもお弁当をつくってくれたり、送り迎えをしてくれているよね。俺自身、裕福な家庭に育ったわけではなかったけど、こうして今までサッカーを続けてこれたのは親の存在があってこそだと思ってんねん。だからどんなときでも、感謝の気持ちを忘れずに一生懸命サッカーをしてほしいんや。

はい。今日はありがとうございました!

柏木選手 こちらこそ、ありがとう!

子ども記者たちの感想

プロになりたいと強く思った。(海斗くん)
柏木選手と話をして、今まで以上にプロになりたい気持ちが強くなりました。柏木選手が言っていたように、日々の練習のやり方などをもっと工夫していきたいです。

 

自分の強みをのばしたい。(佳奈ちゃん)
柏木選手が言ってくれていたように、自分の得意なことをのばしていきたいと思いました。ドリブルをもっと練習するなどして、技を磨いていきたいです。

 

工夫して練習したい。(怜くん)
柏木選手は僕と同じぐらいの年のときから練習メニューも工夫していると言っていたから、一人で練習するときでも工夫してやっていきたいなと思いました。

 

勉強になりました!(拓海くん)
インタビューはかなり緊張したけど、柏木選手がいろいろ話してくれたので勉強になりました。うまくいかなくても気持ちを切り替えていくことが大切なんですね。

2013年5月 インタビュー


 

コメントを残す

 

 

 

これらのHTMLタグが利用可能です

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>