中村憲剛 川崎フロンターレ スペシャルインタビュー

広い視野と類まれなるパスセンスで、川崎フロンターレの攻撃陣をリードする中村憲剛選手。中学、高校時代は決して全国区ではなかった。しかし、「大好きなサッカーを続けたい」という一心で努力を重ね、今や日本代表にも名を連ねる選手へと登りつめた。身体が小さいというハンディをどのように乗り越えてきたのか、現在のプレースタイルをどうやって確立したのか。また、愛する家族との過ごし方や子供たちへのメッセージなど、あますことなく語ってくれた。

 

サッカーを始めたきっかけからお伺いしたいと思います。

幼稚園のときはボールを蹴るのは好きだったようですが、チームに入ったりはしていませんでした。小学校に入学するとき、地域にサッカークラブがなかったので、それで、親が少し離れた地域の「府ロク少年団」が良いらしいという話を聞いてきて、初めてチームに入団しました。小学1年生の時は、グラウンドの端っこで、それこそみんなが群がるようなサッカーでした。それはそれで楽しかったみたいですけどね。

府ロク少年団では、週に何回ぐらい練習していたのですか?

最初は週3日だったと思いますが、3年生のときにはほとんど毎日やっていました。放課後3時4時ぐらいから6時ぐらいまで。ナイター設備もあったので、それ以上やることもありました。土日も試合ばかりで、練習が休みの月曜日も友達とサッカー。この歳までずっと同じサイクルでやっていることになりますね。

府ロク少年団では、現在女子日本代表の澤穂希さんと一緒だったそうですね。当時の澤さんのプレーは覚えていますか?

澤さんが2つ歳上です。2学年違うと一緒にプレーすることはほとんどなかったのですが、強烈なインパクトはありました。エースとしてプレーしていましたから。身体も大きくて足も速く、カッコ良かったです。昨年のFIFAバロンドール(世界年間最優秀選手賞)に輝いて、僕自身も大きな刺激を受けましたし、うれしかったですね。

小学生の頃はどんな練習をしていましたか?

基礎練習はきちんとやっていた記憶があります。片足だけというような条件をつけてドリブルしたり、リフティングが何回できたら昼食にしていいとかやりながら。そんなふうにして、指導者の人たちが僕たちのやる気をかき立ててくれたのかなという気がします。ただ単に走るというような練習はなかったです。根性論で何かを片づけるようなことはありませんでした。そして、家に帰ってからもリフティングしたり、壁の的を狙ってボールを蹴ったりしていました。

子供たちが小学生のときにやっておいた方がいい練習とは?

基礎がすごく大事です。子供は特に吸収するのが早いし、サッカーはボールを止めて蹴れないと話になりません。基本ができるようになって初めてプロの選手の真似をしてみたりすればいい。土台をしっかりしないで、そういうところにばかり目を向けているとダメなのかなと思います。

中学校は小金井市立小金井第二中学に進学しましたが、どんな3年間でしたか?

中学のときは正直、あまり練習していません。府ロクのように全国大会に出るようなチームと比べると全然強くなく、それこそ全国中学校大会の地区1回戦負けで引退ですからね。中学時代はサッカーに関する記憶が抜け落ちています。不完全燃焼でした。それに個人的にも背がなかなか伸びなくて、小学校卒業時は身長136㎝しかなかった。もともとドリブルが好きで、シュートも打つタイプでしたが、中学入った途端にフィジカル負けしたり、小学校のときにできたことが全然できなくなってしまったんです。自分にガッカリするというか、落ち込む時期もありました。

それをどうやって克服したんですか?

克服はしていません。中学を卒業するときも身長は154cmで、まだ普通に小さかったですから。変わったのは久留米高校に進学してからですね。相手に当たらないようにしたり、相手の逆を取る意識が高くなって、味方を使うようなパサーの役割に思考が変わっていきました。高校2年あたりに身長は170㎝ぐらいに伸びましたが、その頃には自分の技術を大事にするという考えがはっきり土台となっていたし、小学校のときにやっていたサッカーの熱を取り戻すことができました。サッカーが好きで続けたかったから、もっとうまくなるとか、もっと良くなるにはどうすればいいかっていつも考えていました。身長が低いからダメだって思わなかったのが良かったと思います。

久留米高校時代は、どういう練習をしていましたか?

監督が日本サッカー協会に出入りしている方で、身体のボディシェイプとかワンタッチコントロールとか、今では当たり前ですけれど、当時の最先端の指導要綱を僕たちに落とし込んでくれていたんです。そういうものを吸収できたことがすごく大きかった。もちろん、走ったり筋トレもやりました。筋トレに関して言えば、それまでやったこともなかったし、本当に痩せていたので、高校1年のときはまともにベンチプレスもできませんでした。久留米高校では「ケンゴは最初、ベンチプレスで10kgも挙げられなかった」って今も伝説で残っているらしいですけどね。ただ、練習を重ねていくうちに挙げられるようになって、やればできるんだなって思いましたね。

憲剛選手のプレーを見ていると、視野の広さに驚かされます。その能力はどのようにして養ったのでしょうか?

そのための練習はしたことありませんが、普段の練習から遠くを見る癖はつけていましたね。コントロールして顔を上げたとき、まず遠くを見るというような。基本的にトラップが一番大事だと思っていて、そこでずれたらもう周りを見る時間もなくなってしまいます。だから自分のベストなところにボールを置く練習はすごくやったし、今でもしています。しっかりコントロールできれば、今度は遠くを見る余裕がコンマ何秒かできるので、その間に遠くを見るようにしています。あとはボールが来る前に、相手の陣形や味方の陣形をパッと目で見て、空いているところにボールを出すイメージでしょうか。今から2秒ぐらい後の世界がこうなるだろうと予測しながらやっている部分もありますね。

自分がプレーするにあたり、参考にした選手や先輩はいましたか?

ラモス瑠偉さんは好きでしたね。ちょうど中学1年のときにJリーグが始まって、その少し前ぐらいから日本代表の試合もよくやっていましたが、ラモスさんの「全部、俺がやるぞ」みたいなプレースタイルはすごく好きでした。それにラモスさんも細いし、相手に当たられないようにやっていて、それは面白いなぁ、うまいなぁと思いながら。ああいうふうに動き回れば当たらなくて済むのかとか、ときに止まったり相手の逆をつくプレーは自分のヒントになりました。蹴り方とかもよく真似していましたからね。

中盤の選手で、憲剛選手ほど裏を取ったり、常に相手のマークを意識して動いている選手もなかなかいないと思います。

僕の場合、相手が大きければ大きいほど効力を発揮するかもしれませんね。基本的にぶつからない。ぶつかる前に次のプレーをやってしまうからです。ぶつからないから怪我もしにくいと思います。うまい選手って怪我もしにくいと思うんですよ。本当にどうしようもない場面はもちろんあるのですが、自分でポジショニングとか、タイミングやセカンドボールの拾い方とか、いくらでも考えればぶつからなくて済むプレーができるはずです。小学生でも身体が小さくて悩んでいる子もたくさんいると思うんです。でも、そこで諦めるんじゃなくて、僕みたいな人間もいるんだってことを知ってほしいですね。ここまでトントン拍子で来たわけじゃないので。

プロになるまで食事に関して気をつけていたことはありますか?

高校に入るぐらいまでは少食でした。お腹も弱いから牛乳も飲めなくて。背が伸びる要素がまったくありませんでした。ただ、やっぱり母はたくさん食べてほしい想いがあったみたいで、肉か魚は毎食出ていました。両方のときもありました。そういうたんぱく質はちゃんと摂れていたのかな。プロになった今もストレスになるような節制はしていません。サプリメントは多少摂りますが、基本的には奥さんが作ってくれる物を食べるだけです。今思えば、乳製品をもっと摂っておけば良かったですね。牛乳を飲めないならヨーグルトとかチーズとか。ここ1年ぐらいヨーグルトを食べるようになって、すごく調子が良いんです。

ブログなどで憲剛選手の子煩悩ぶりが伺えます。休日はお子さんとどう過ごしていますか?

休日は基本的に家族と過ごしています。僕自身も気分転換になりますし。お風呂には毎日入れています。キャンプや遠征で、家にいられないときは本当にいられないから、いられるときに自分がパパだぞってわからせる(笑)。フロンターレの試合にもよく見に来てくれるので、最近はサッカー選手というのもだいぶ認識してくれているようです。

憲剛選手にとって理想のパパとは?また、ご自分のお子さんに今後願うことは?

理想は真剣に向き合えることかな。親と話さなくなる時期もあるじゃないですか。自分にもそんな時期があったし。でも、そういうときでも相談できる間柄でいたいですね。今、一緒に遊ぶのもとにかく全力でやっています。そうしたら子供も全力で来てくれると思うので。そして子供たちには、ダメなことはダメと言える人間になってほしい。周りに流されないでほしいです。空気が読めたり、気を使う事ができたり、そういう優しい人間にもなってほしいです。そのためにはまず自分がしっかりしなきゃいけない。親がだらしないのに子供ばかり叱っても説得力がないので、親も育たなきゃいけないなと感じますね。かと言って、何でもかんでも教えたりするつもりはありません。そうすると自分の意思で動かなくなるし、言われたことしかできなくなっちゃう。

それはサッカーに通ずることだと思いますか?

それはありますね。今は情報も溢れていて、技術論や戦術もたくさんあるから、教えたがる指導者も多いと思う。それだと結局、同じような子しか育たないんです。みんながみんなそうではないけれど、たまに子供のサッカーを見ると、最近の子供は特徴があまりないなって感じることが少なくない。試合に勝つためには仕方のないことかもしれませんが。でも、将来のためにどちらが良いかと言ったら、僕は小学生のときは伸び伸び自由にやらせるべきだと思います。その方が後々、どの方向にも進めますし、逆に方向性を決めてしまうと、どこかで挫折したときにそこから戻れなくなってしまうからです。だから自分で考える余地は与えた方が良いのかなと。指導者が実際、目の前で見ていると、つい言いたくなっちゃう気持ちはわかるんですけどね。

最後に今季の目標と、子供たちへのメッセージを

去年のJリーグは本当にふがいない成績で終わってしまったので、今年はタイトルを獲るということを本気で追求していくつもりです。今年はゲームキャプテンでもありますし、本当に闘う、勝つ集団にチームをしていきたいなと。チームのために自分のすべてを賭けたいと思っています。個人的には、もっとうまくなりたいですね。僕自身、30歳を過ぎたら意欲が減退するのかなと思っていましたが、そんなことは全然なくて、むしろサッカーを知ってきて、いろいろ面白くなってきた。身体もまだ20代の頃と変わらないし、サッカーをもっともっと追究したいなと。子供たちに伝えたいのは、サッカーを好きな気持ちさえあれば、いろいろな道に通じるということです。サッカーで鍛えられるのは、もちろん技術もそうですが、メンタルなど他のこともたくさんあります。自分で自分の可能性をゼロにしたら前に進めません。自分の可能性を信じてほしいと思います。

2012年4月 インタビュー


 

コメントを残す

 

 

 

これらのHTMLタグが利用可能です

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>