全ての人をリスペクト!

東京都八王子市。緑に囲まれたきれいな住宅街で活動を行うみなみ野サッカークラブ。新しい町で生まれたサッカークラブの子供たちは生き生きしていた。

生まれて10数年のクラブ

みなみ野サッカークラブには約150名もの子供たちがサッカーを楽しんでいる。「チームが出来てまだ10数年ですが、最近ではこの地域でも最大級のサッカークラブになりました。」少子化の影響もあり、他の地域では学校やクラブの統廃合がある中、みなみ野サッカークラブが活動する地域は、新しい住宅がまだまだ増えており、大きなクラブへなってきているそうだ。「人数が増えると公式試合に出られる子供たちが限られますが、なるべく多くの子供たちが試合を楽しめるようにしています。」

抜群の練習環境

練習グランドは緑に囲まれた気持ちのいい環境。「今日は低学年の後に中学年が練習を行います。高学年は別の練習場所で練習していますね。」グランド全面をそれぞれの年代が使えることも、素晴らしい。ゲームはもちろん、様々なパターンの練習を広さの制限がなく行えることは子供たちにとっても嬉しい。取材当日も低学年の子供たちが3面程のコートを作り、ミニゲームを行っていた。

全ての人をリスペクトする

「ひとりひとりの良い所を伸ばし、サッカーを通して、関わる全ての人をリスペクトすることや、将来に繋がる指導をしていきたい。」練習前にコーチと子供たち全員がひとりひとり握手をしていた。子供たちと対等に向き合うことで、お互いを尊敬し合う関係がみなみ野サッカークラブにはあるようだ。

サッカーは年代を超えてお互いをリスペクトすることからはじまるスポーツだ。そんな大切なことをみなみ野サッカークラブから教えてもらった。

みなみ野サッカークラブ

設立年月:1999年6月
所在地:東京都八王子市
主な練習場所:八王子市立七国小学校、みなみ野小学校、みなみ野君田小学校
監督(コーチ代表):上嶋康秀


 

コメントを残す

 

 

 

これらのHTMLタグが利用可能です

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>