タイ少年サッカー

微笑みと熱気に包まれる神秘の国タイ。
国民の95%が仏教徒であるタイ人の性格は、とても穏やかで優しい印象です。そのためか、一度訪問するとその居心地の良さにリピーターとなる旅行者が多く、また、外国人観光客受け入れ人数が日本の約二倍と、世界中から旅行者が集まっています。今回は、そんなタイの中でも「天使の都」と称される大都会バンコクにあるクラブチーム「Can U Kick It」を訪問しました。

現在、タイは、1996年にバンコクのチームのみで構成されていた「プレミアリーグ」が、三年ほど前から地域のリーグと統合され、人気に拍車がかかり、空前のサッカーブームが巻き起こっています。そのため、サッカーは一番人気のあるスポーツで、子供向けのクラブチームの数もとても多く存在します。今回のチームは、創立者は、元英国代表(U21)かつ元プロサッカー選手です。クラブ生の国籍もタイ、日本、インド等のアジアを始め、欧州、欧米と国際色豊かで、1000名以上の生徒が活動している大規模なチームです。そのため、クラブ主催でオーストラリア、シンガポール、北京等、海外のチームを招いてのトーナメント試合も定期的に行っており、非常に国際的だと感じます。

活動は、年齢別に分かれていて毎日いくつかのグラウンドで、様々な学年のチームが一時間の練習を行っています。毎週日曜日は、必ず試合を行っているためか、部員たちの勝負意識も高く感じます。将来の夢について聞いてみると、全員が、「僕は、●●選手のようなプロサッカー選手になりたい!」と話し、その目標とする選手は、フランス出身の子は「ジダン選手」、ブラジル出身の子は「ロベルトカルロス選手」と、自分の国の選手を目標とする子供たちが多かったのが印象的です。自国の代表選手を誇りに思っているようでした。また、このチームは、イギリスのプロチームへのセレクションの機会もあり、これまでも、多くのチームのトライアルに選手たちを送り出しています。子供たちの夢を叶えるために全身全霊を傾けて応援しているコーチ陣たちの姿が、子供たちと同じくらい輝いて見えました。


 

コメントを残す

 

 

 

これらのHTMLタグが利用可能です

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>